秋になるとタップリと抜け毛が増えるのは紫外線が原因?の情報ページ

MENU

秋になるとタップリと抜け毛が増えるのは紫外線が原因?

抜け毛が増える

秋になると急に抜け毛が増えることがありますが、その理由は主に2つ挙げられます。まず1つ目は、夏に浴びた紫外線のダメージが、秋になってから出てくるということです。

 

春から夏にかけて紫外線はどんどん強くなっていきますし、この時期はお出かけも増えるのでより紫外線を浴びやすくなります。また、オゾン層の破壊によって、紫外線は昔よりも格段に強くなっているため、曇りの日でも降り注いでいます。

 

ちょっと洗濯物を干すだけ、ゴミだしに行くだけ、また部屋にいるだけでも有害な波長を浴びてしまうと言われていて、紫外線対策は常にしておかなくてはいけません。ですが、外出をするときには帽子をかぶったり日傘をさしたりして、頭皮への紫外線をカットする方も多いと思いますが、近所や家の中にいるというだけなら頭皮に関しては対策をしないという方がほとんどでしょう。

 

このほんの少しの油断が、紫外線による頭皮ダメージを引き起こしてしまうのです。紫外線を浴びると、頭皮は活性酸素を大量に発生させてダメージを防ごうとしますが、この活性酸素が毛母細胞や頭皮の肌細胞を攻撃して機能を低下させたり破壊してしまいます。

 

活性酸素のダメージはその場ですぐ出るものではなく、時間をかけてじっくりと侵食していき、秋になる頃に一気に抜け毛となって現れるのです。

 
 

▲秋になるとタップリと抜け毛が増えるのは紫外線が原因? 上へ戻る


秋になるとタップリと抜け毛が増えるのは紫外線が原因? ページの先頭に戻る