どちらの5αリダクターゼが抜け毛に関係しやすい?の情報ページ

MENU

どちらの5αリダクターゼが抜け毛に関係しやすい?

5αリダクターゼ

ジヒドロテストステロンというのは、発毛抑制作用を持っている物質で、男性型脱毛症の抜け毛を引き起こしたり、発毛を阻害して症状を悪化させる原因となるものです。

 

T型が生成するジヒドロテストステロンの量は、全体の30%から40%とされていますが、U型はなんと60%から70%ものジヒドロテストステロンを生成します。つまり男性型脱毛症を改善したり予防したりするためには、毛乳頭に近い部分に存在しているU型5αリダクターゼに対しての対策を行うことが優先となります。

 

もちろん、T型も少なからず抜け毛に関わっているので、まったく何もしなくて良いということではありません。

 

ですがより効率よく男性型脱毛症対策を行うためには、まずはU型を抑制するフィナステリド系の薬剤を使い、その効果を見極めてからT型に有効と言われるクリナゲンやデュタステライドなどを取り入れるのが効果的です。

 
 
 
 
 

髪の毛は、成長期から退行期、休止期を経てまた成長期というサイクルを繰り返す毛周期があります。何年もの歳月をかけて成長した髪の毛は、やがて成長をやめる退行期に入っ...

 

▲どちらの5αリダクターゼが抜け毛に関係しやすい? 上へ戻る


どちらの5αリダクターゼが抜け毛に関係しやすい? ページの先頭に戻る