洗浄力が強すぎるとシャンプーではあまりよくない?の情報ページ

MENU

洗浄力が強すぎるとシャンプーではあまりよくない?

洗浄力が強すぎる

洗浄力が強すぎて、余分な皮脂まで取ってしまうシャンプーでは困るのです。そんなことにないシャンプー選びが必要になって来るのです。まず、石鹸系のシャンプーの特徴として言われるのが、多くはアルカリ性であるのです。そのため洗い終わった後、結構ゴワツク感じが残ると言われるものです。

 

ですが一般的な洗浄力は、十分なものと言われています。そして石油系と呼ばれるシャンプーは、洗浄力が強いため逆に肌を傷める結果にもなりかねないのです。特に皮脂に対しては、丁寧に取り扱う必要が出て来るのです。

 

そんな中、アミノ酸シャンプーは、頭皮環境に対してベストと言われるのです。この頭皮に良いことが抜け毛防止の大事な策なのです。ゴシゴシ頭を洗うことが、抜け毛を防止する策ではないのです。中には洗浄力が弱いと言って嫌う人もいるのです。

 

ですが人間に対するアミノ酸と言うことが、いかに大切なものかを知っておくと自ら納得の出来るものと思うのです。洗浄力が強すぎるとやはり頭皮のうるおい以外に髪の潤い感も逃げてしまうので、洗浄力が強すぎないタイプがやはり良いのではないでしょうか?

 
 
 

髪の毛は、成長期から退行期、休止期を経てまた成長期というサイクルを繰り返す毛周期があります。何年もの歳月をかけて成長した髪の毛は、やがて成長をやめる退行期に入っ...

 

▲洗浄力が強すぎるとシャンプーではあまりよくない? 上へ戻る


洗浄力が強すぎるとシャンプーではあまりよくない? ページの先頭に戻る