M字ハゲと呼ばれる生え際が後退してしまう原因は?の情報ページ

MENU

M字ハゲと呼ばれる生え際が後退してしまう原因は?

M字ハゲ

薄毛に悩んでいる男性はおでこの生え際が後退していく、M字ハゲの状態になる方がとても多いです。M字に薄くなっていくのはAGA(男性型脱毛症)の典型的な症状だと言われています。

 

AGAの原因は人によって色々考えられますが、共通しているのがヘアサイクルが乱れていることで、髪の毛が成長しきれずに抜ける毛が増え、新しい毛が再生しにくいため薄毛がどんどん進行しています。

 

ヘアサイクルの乱れを生じさせる原因は、男性ホルモンのテストステロンが5αリダクターゼによって代謝されてできたDHT(ジヒドロテストステロン)と呼ばれる物質の影響によるものです。

 

DHTは頭皮に過剰な皮脂を分泌させて毛穴に汚れを詰まらせたり、毛根組織を刺激して髪の毛の成長を邪魔する作用をもたらします。

 

DHTの生成に大きく関わる5αリダクターゼは生え際部分に多く存在しているため、抜け毛が多くなりやすいと考えられます。そうすることで髪の毛が薄くなってきてしまうので、見た目上髪が薄くなって見えます。つまりAGAのメカニズムではDHTなど発生など水面下の戦いが繰り広げられているのが大きな特徴です。

 

プロペシアと一緒にミノキシジルが配合された塗るタイプのを併用すると、相乗効果で良い結果が出やすいと言われています。ミノキシジルは血管を拡張させる作用があり、頭皮...

 
 
 
 

髪の毛は、成長期から退行期、休止期を経てまた成長期というサイクルを繰り返す毛周期があります。何年もの歳月をかけて成長した髪の毛は、やがて成長をやめる退行期に入っ...

 

▲M字ハゲと呼ばれる生え際が後退してしまう原因は? 上へ戻る


M字ハゲと呼ばれる生え際が後退してしまう原因は? ページの先頭に戻る